ご挨拶
料亭の基本は飯屋です。
京都では、最初に料理屋に行くんは、お祖母ちゃんに抱かれたお宮参りの時。
次は3つ参り、5つ参り、成人式、結婚の時、還暦や米寿のお祝い、死なはったら法事の席。
これらが全部、飯屋の仕事です。
そこで暮らす人の生活の中にあるから、町衆との距離が近いわけですね。
普通の人が普通に働いて、人生の節目の日に少しだけ贅沢な気分を味わえる、菊乃井はそんなお店です。
お客様の人生の節目や大切なお時間を菊乃井で過ごして頂ける。
だからこそ、これ以上ない素材、最高の技術、最高のしつらえをご用意して、
お客様にお喜びいただける精一杯のおもてなしを出来るよう
努力しております。従業員一同、心を尽くしてお迎えさせていただきます。
うちの料理は、「きれい寂び」を心情にしております。 「美しくて不華ならず。渋くして枯淡ならず」 今風に言うと、「上品で美しくあれ。ひょろひょろした華奢なもんはあかん。渋くても力強くあれ。枯れすぎて弱々しいのはあかん。」というようなところでしょうか。 「侘び寂び」という美意識がありますけど、うちの場合は枯れすぎんように「美味しさと美しさ」を追求しています。 菊乃井は、日々、新しい提案を行い、革新を続けています。 同じことをやり続ける伝承ではなく、変わるものと変わらないものを見極め、革新し続けることで、多くのお客様にお喜び頂ける、「伝統」を築いてゆけると考えております。 だから、料理もしつらえもサービスも、常に見直し続け、よりお客様にお喜び頂けるよう努力をしています。
菊乃井のおもてなしは「凛とした美しいサービス」と「気遣いすれどもおかまいせず」を 信条にさせて頂いております。お客様とお料理が主役で、しつらえ、お庭等、空間は舞台。 そして、女将や仲居は黒子です。 姿はあるけれども存在が気にならないサービスをする ように心がけております。 敷居が高く思われがちな料亭ですけど、お祝いなど特別な日に どなた様でもお気軽にお越し頂き、 素敵なお時間をお過ごし頂けたらと、一期一会の 心で務めさせて頂いております。